アイアンガーヨガ

日本アイアンガーヨガ協会ホームページ参照

アイアンガーヨガとは、Yogacharaya Sri B.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって編み出されたヨガのメソッドで、インドプーネ本部が厳格に管理する世界統一基準に基づき指導されています。

 

  • 各アーサナ(ポーズ)のアクション(動き)ポイントが精密かつ厳格に理論づけられている。
  • 特別なシークエンス(ポーズの並び)や時間配分が、ヨーガの効果を最大限に引き出す。
  • 肉体と精神の柔軟性やリラクセーションを得ることに加えて、強靭さとスタミナを増進させる。
  • 経験が浅くても故障歴があっても、様々な道具類を使うことで過度な緊張や怪我を恐れず、ヨーガを学ぶことができる。
  • 継続して練習することによって身体の内的な強さや体内に持ち合わせている治癒力や抵抗力を高められると同時に、痛みが和らいで、問題の症状だけでなくその原因と向き合うことが可能になる。
  • 特定の病気や障害のある人にも役立つ技法がある。
  • 内面と外面のバランスが取れるアラインメント(正姿勢、整合性)の考え方が体の歪みの矯正に重きを置く。バランスを取った結果、意識がよりよく身体のあらゆる細胞、繊維、皮膚、骨格に行き渡り、神経系統の流れがよりスムーズに、そして心と身体と呼吸がよりよく統合される。
  • 軟らかく弱い部分を強く、硬い部分に柔軟性をつけていくことで身体の動きをよりスムーズにし、疲労を回復する。
  • ポーズの名前は全てサンスクリット語を用いる。
  • 生理中やなんらかの疾患のある場合、それに合わせたカリキュラムが組まれ、あらゆる年齢・身体上のコンディションに応じて行うことができる。